Fandom


Star Wars The Rise of Skywalker

“ネタバレの予感がする……”

警告! このページには 『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』のネタバレが含まれています。閲覧時にはご注意下さい。

ドレアナ・コヌンダ(Dreanna Conunda)は人間女性で、ファースト・オーダー=レジスタンス戦争に参加したパイロットである。彼女はもともと惑星シャンドリラにある新共和国のアカデミーで飛行教官を務め、そのかたわらでコレリアン・エンジニアリング社のテスト・パイロットも掛け持ちしていた。やがて彼女はレジスタンスに加わり、35 ABYに発生したエクセゴル戦いではYC-123B輸送ホーラーフォーティチュード>を操縦し、エクセゴル上陸チーム大気圏へ運んだ。[1]

制作の舞台裏

ドレアナ・コヌンダは2019年12月20日公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[2] また、キャラクター名は映画公開日に発売されたパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で初めて判明した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。