Fandom


「秘密は保たれねばならぬ。ハンターを送り出せ。救命ポッドをひとつ残らず破壊するのだ」
ドゥークー[出典]

ドロック級ボーディング・シップ(Droch-class boarding ship)、別名ドロイド着陸ポッド(Droid landing pod)、あるいはポッド=ハンター(Pod-hunter)は独立星系連合クローン戦争中に使用したボーディング・クラフト。4本の巨大なスパイクを使って敵のスターシップに穴を空け、バトル・ドロイドを直接船内へ送り込んだ。

特徴

ドロック級ボーディング・シップは4本の巨大なスパイクを備えた小型のボーディング・クラフトである。B1バトル・ドロイドパイロットによって操縦され、B2スーパー・バトル・ドロイドBXシリーズ・ドロイド・コマンドーを戦場へ運んだ。ボーディング・シップは着陸用のポッドとしても使われたが、4本のスパイクで敵船の装甲を突き破り、船内に直接バトル・ドロイドを送り込むこともできた。ボーディング・シップのスパイクは銀河共和国脱出ポッドを圧し潰せるほど強力で、「ポッド=ハンター」という異名でも知られた。

歴史

Sepboardcra

アブレガドの戦いで救命ポッドを破壊するポッド=ハンター

独立星系連合サブジュゲーター級重クルーザーマレヴォランス>はドロック級ボーディング・シップを使って銀河共和国の救命ポッドを破壊した。アブレガドにおける戦いでもボーディング・シップやロケット・バトル・ドロイドが残党狩りに派遣され、クローン・トルーパーの乗るポッド1877を破壊した。ジェダイ将軍プロ・クーンコマンダーウォルフシンカーブーストの乗るポッドもボーディング・シップに狙われたが、彼らは宇宙空間に出てハンターを返り討ちにした。

リシ・ムーンの戦いでは、ドロイド・コマンドーを乗せたボーディング・シップがリシに潜入した。また、独立星系連合の司令官アサージ・ヴェントレスは共和国の捕虜となったヴァイスロイヌート・ガンレイを救出するため、スーパー・バトル・ドロイドを満載したボーディング・シップに乗り込み、ヴェネター級スター・デストロイヤートランクィリティ>を襲撃した。

クローン戦争中、3隻のボーディング・シップが新マンダロリアン政府の宇宙船<コロネット>を攻撃し、船内にB2スーパー・バトル・ドロイドを展開した。ドロイドは内通者タル・メリクと協力してサティーン・クライズ女公爵を狙ったが、マンダロリアン・ロイヤル・ガードジェダイアナキン・スカイウォーカーたちに破壊された。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。