Fandom


この記事は人物を扱っています。お探しの記事は惑星かもしれません。

ドーリン(Doallyn)はジェラナイト男性で、犯罪王ジャバ・ザ・ハットに仕えたハンターである。

経歴

帝国時代ジェラナイト種族ハンターであるドーリンは惑星タトゥイーン犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレに仕えていた。[1] 4 ABY当時[2]、ドーリンはジャバの宮殿に滞在し、賞金稼ぎブーシに変装したレイア・オーガナウーキーチューバッカが宮殿にやってきた時もその場に居合わせた。2人がジャバの謁見室に入ろうとした際、ドーリンは部屋の入口に駆け寄って2人の行く手を塞ごうとしたが、チューバッカによって反対側の壁へ投げ飛ばされてしまった。ドーリンはそのまま床に倒れ、オーガナとチューバッカはジャバと交渉するため彼の横を通り過ぎていった。[3]

個性と特徴

ドーリンはジェラナイトの男性で、顔全体を覆う大きなヘルメットをかぶっていたため容易に見分けることができた。[1] ジャバの宮殿に滞在していた時、彼は黒い衣服を身に着けた。また、ドーリンはベーシックとは異なる言語を喋った。[3]

制作の舞台裏

ドーリンは1983年に公開されたオリジナル・トリロジー第3作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場するキャラクターである。ドーリンという名前は1996年に発表されたスター・ウォーズ レジェンズの短編『Skin Deep: The Fat Dancer's Tale』(A・C・クリスピン著)で初めて紹介された。正史設定での初出は、2018年に発売された『STAR WARS GEEKTIONARY THE GALAXY FROM A to Z』。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。