Wookieepedia
Advertisement
類似した名称の記事はシンを参照

ナク・シン家(Nuq Sin family)は元ジェダイパダワンナク・メドに起源を持つ人間の一族である。複数名のフォース=センシティブを輩出した。彼らはアウター・リム・テリトリー惑星メロキアに住み、家業として仕立屋を営んだ。

歴史

カー・ナク・シン

ジェダイパダワンナク・メドは、ジェダイ・オーダーを去った後にとある女性と出会い、ジハラという名の娘をもうけた。しかし銀河帝国の時代が始まりオーダー66が発令されると、メドはジェダイの大粛清の標的となり、ジハラの安全を守るため家族と離れて惑星パンバへ避難した。[1]

やがて成長したジハラはコーネルトマー・ナク・シンを出産した。トマーはルーウェイ・ナク・シンと結婚し、ジハラの孫にあたるトラグカー・ナク・シンが生まれた。彼らは惑星メロキアで中流階級の仕立屋を営んだ。カーは生まれつきフォース感応能力を備えており、ジハラの後、自分の運命について手掛かりを得るためメロキアから旅立ち、やがてパンバで曽祖父と出会った。[1]

家系図

ナク・メド
 
 
 
女性
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジハラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コーネル
 
トマー・ナク・シン
 
 
 
ルーウェイ・ナク・シン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トラグ
 
カー・ナク・シン
 

制作の舞台裏

ナク・シン家は2019年に発売されたヤング・アダルト・ノベル『フォース・コレクター』(ケヴィン・シニック著)で初登場を果たした。[1]

登場作品

  • フォース・コレクター (初登場)

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 フォース・コレクター
他言語版
Advertisement