FANDOM


ナコティック・コースト(Pnakotic Coast)は惑星サヴァリーンにあった岸地帯である。風が強く、美しい海岸風景を一望することができた。帝国時代、ナコティック・コーストには廃棄されたビス精製所があり、サヴァリアンと呼ばれる人間の住民がそこにを形成していた。この村の住民は過去にクリムゾン・ドーンパイク・シンジケート奴隷商人の脅威にさらされて何度も苦難を経験し、ナコティック・コーストの海岸にはそうした事件で命を落としたサヴァリアンを追悼するソウルティースが立ち並んでいた。[2]

10 BBYトバイアス・ベケットクルーケッセル強奪した未精製コアクシウムを処理してクリムゾン・ドーンに差し出すため、ナコティック・コーストの精製所にやってきた。しかしクラウド=ライダーズの指導者エンフィス・ネストが彼らの前に現れ、サヴァリアンが経験した過酷な歴史を説明し、コアクシウムをシンジケートに渡してはならないと訴えた。エンフィスの説得に折れたハン・ソロチューバッカは、ベケットやシンジケートの首領ドライデン・ヴォスを出し抜いてコアクシウムを確保し、クラウド=ライダーズに提供した。[1]

制作の舞台裏

First Light databank

ナコティック・コーストに停泊した<ファースト・ライト

ナコティック・コーストは2018年公開のアンソロジー・シリーズ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場したロケーションである。[1] 名称は映画公開日に発売された設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で明かされた。[2] 『ハン・ソロ』の脚本では、精製所一帯の地域はナコティック・デューン(Pnakotic Dune)と名付けられていた。「Pnakotic」という単語は小説家H・P・ラヴクラフトの作品の固有名詞に由来する。[3] なお、ラヴクラフト関連の邦訳メディアでは「ナコト」などの表記が使われている。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。