Wookieepedia
Advertisement
SeasonedNavigator-SWZ

銀河帝国のナビゲーター

ナビゲーター航法士(Navigator)とはスターシップの乗組員の中で、船の航法上の職務を担う者である。ラムダ級T-4aシャトルのように1人だけで操縦が可能な船であっても、ハイパースペースを航行するデリケートな旅では補佐役のナビゲーターが同乗するのが理想的だった。[1]

歴史[]

幼い頃、ルーク・スカイウォーカーは育て親のオーウェン・ラーズから、実父のアナキン・スカイウォーカースパイス貨物船のナビゲーターだったと教えられていたが、実際はクローン戦争で活躍したジェダイ・ナイトだった。[2]

誇り高きプロトコル・ドロイドAP-5は、クローン戦争で共和国軍のナビゲーターを務めていた。しかし戦争が終わって銀河帝国が誕生すると、彼は在庫管理ドロイドとして働かされることになった。[3] 密輸業者ランド・カルリジアンと行動を共にしたドロイドL3-37は優秀なナビゲーターであり、広大な航法データベースを有していた。彼女は<ミレニアム・ファルコン>の航法コンピューターに直接接続することで、用心深い船なら避けて通る、より早いルートを導き出すことができた。[4]

ファースト・オーダー最高指導者スノークには、“アテンダンツ”と呼ばれるエイリアンのナビゲーターたちが仕えていた。アテンダンツが切り拓いた古代のハイパースペース航跡は、帝国の残党が未知領域を旅する助けとなり、ファースト・オーダー誕生に大きく貢献した。またアテンダンツはスノークの展望スコープ“オキュラス”を設計した。[5]

登場作品[]

参考資料[]

脚注[]

外部リンク[]

他言語版
Advertisement