Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「ドロイドだ!」
―ナブ[出典]

ナブ(Nub)は銀河共和国グランド・アーミーに仕えたクローン・トルーパーのニックネーム。“役立たずの体”(Non-Useful Body)を略してナブと呼ばれていた。クローン戦争中、新人兵だったナブはリシ・ムーン共和国前哨基地に配属された。クローン・サージェントオナイナーの指揮の下、ナブたちはアブリオン宙域における独立星系連合艦隊の動きに目を光らせた。グリーヴァス将軍コマンドー・ドロイドがリシ・ステーション襲撃を開始した時、ナブとドロイドベイトは連絡が途絶えた歩哨の様子見に向かったが、出入り口でコマンドー・ドロイドに撃たれて命を落とした。

経歴

「お前たち2人、様子を見てこい」
―オナイナー[出典]
Nub

ナブ

このクローン・トルーパー惑星カミーノで生み出され、“役立たずの体”の頭文字をとって“ナブ”というニックネームを与えられた。クローン戦争初期、ナブは惑星リシにある銀河共和国の前哨基地リシ・ステーションに配属された。クローン・サージェントオナイナーが指揮官を務めるこの基地は、アウター・リム・テリトリーにおける独立星系連合宇宙艦隊の動きを監視し、クローン故郷カミーノの安全を守る重要拠点だった。この基地ではナブのほかにもフィヴスエコードロイドベイトヘヴィーカタップといった新人トルーパーが活動した。

ナブがリシ基地で働いていた時、カミーノ侵攻を企てるグリーヴァス将軍コマンドー・ドロイド部隊をリシ・ムーンへ送り込んだ。コマンドー・ドロイドはドロック級ボーディング・シップで月に降り立ち、ステーションの歩哨を務めるトルーパーCT-327を暗殺した。オナイナー軍曹はCT-327から応答が帰ってこないことを不審に思い、ナブとドロイドベイトに様子を見てくるよう命じた。しかし基地のブラスト・ドアが開いた途端にコマンドー・ドロイドの奇襲が始まり、ナブとドロイドベイトはなすすべもなく命を落とした。ナブの死後、基地は一時的にコマンドー・ドロイドに制圧されたが、生存者のファイヴス、エコー、ヘヴィーがキャプテンレックスコマンダーコーディの助けを借りて奪回に成功した。

個性と特徴

ナブは賞金稼ぎジャンゴ・フェットの遺伝子から生み出されたクローンで、身長は1.83メートルだった。ナブは真っ白なフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを身に着けていた。ナブはオナイナー軍曹の命令に忠実に従い、ドロイドベイトとともにCT-327を探しに向かったが、ほとんど反撃することもできずコマンドー・ドロイドの犠牲になった。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。