Wookieepedia
Advertisement

「ドロイドを無力にする考えがあります。我々のパイロットを送り出し、惑星の軌道にいるドロイド司令船を破壊しましょう」
パドメ・アミダラ[出典]

ナブー王室宇宙戦闘機部隊(Naboo Royal Space Fighter Corps)、略称RSFC、別名ロイヤル・ナブー・スターファイター隊(Royal Naboo Starfighter Corps)はナブー王室に仕えたスターファイター部隊である。キャプテンクァーシュ・パナカ率いるナブー王室保安軍の一部門であり、リック・オーリーが隊長を務めた。ナブー王室宇宙戦闘機部隊は主に志願兵のパイロットによって構成され、32 BBYトレード・フェデレーションによる惑星ナブー侵略に直面するまで、ほとんど実戦を経験したことがなかった。

組織

ナブー王室宇宙戦闘機部隊は惑星ナブー君主に仕えるスターファイター部隊であり、近衛隊保安隊とともにナブー王室保安軍を形成した。[1] この部隊は小規模な組織であり、所属するパイロットの多くは志願兵だった。[7] 近衛隊や保安隊が惑星ナブーの地上における警察的な役割を担っていたのに対し、宇宙戦闘機部隊は主に儀礼式典での活動が大半を占めていた。彼らは演習飛行やパレード飛行を担当し、ナブーの君主が星外へ旅する際は宇宙における儀仗兵の役割を担った。[1]

銀河共和国時代後期、王室宇宙戦闘機部隊はナブー全体の警備責任者を務めるキャプテンクァーシュ・パナカの直接の管轄下にあり、コマンダーリック・オーリーによって率いられた。ベテランのパイロットであるオーリーは[1]、王室宇宙戦闘機部隊に属すブラボー小隊隊長を務め[3]、また王室が所有するナブー・ロイヤル・スターシップの船長も任されていた。[1]

訓練

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement