Fandom


「心配しないで。ここより安心な場所はないもの。ドクター・ナラ・セはカミーノの主任医療科学者で、クローン・トルーパーの主要エンジニアのひとりです。」
シャアク・ティCT-5555 ”ファイブス”に向かって[出典]

ナラ・セ(Nala Se)は女性カミーノアンで科学者。クローン戦争中に銀河共和国所属した。彼女はカミーノの主任医療科学者であり、クローン軍の主要エンジニアのひとりだった。

経歴

ナラ・セはカミーノアンの科学者で、共和国グランド・アーミーにおけるクローン生産技術者を務めた。[2]クローン戦争初期、彼女はカリーダ・ショールズ医療センターに駐在し、負傷したクローン・トルーパーの治療に当たっていたが、医療センターは独立星系連合将軍グリーヴァスの乗るスターシップマレヴォランス>による襲撃を受けた。<マレヴォランス>のイオン砲で医療センターを使用不能にし、破壊する計画だったのである。しかし、ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカー率いるシャドウ中隊がイオン砲を破壊し、破壊計画から医療センターを守った。[1]

戦争後期、ナラ・セは再び惑星カミーノでの任務に就いた。CT-5385 “タップ”はリンゴヴィンダの戦いにおいてジェダイ将軍ティプラーに発砲し、検査のためにカミーノに送還された。カミーノにおいて、ナラ・セはタップを死亡させて徹底的に検死するよう命じたが、CT-5555 ”ファイブス”が抗議した。[2] ファイブスはタップに埋め込まれていた行動抑制チップを発見し摘出した。ナラ・セの主張に拠れば、このチップはジャンゴ・フェットを基に作られたクローン達が、ジャンゴのような攻撃的な行動を取ることを抑えるために移植したに過ぎない。しかし実際には、そのチップはオーダー66の一部で、クローンにジェダイが銀河共和国に対する反逆者であると認識させ、即座に殺害させるためのものであった。[3] ファイブスはコルサント共和国特別医療センターに戻されたが、自らの意志で最高議長シーヴ・パルパティーンと面会した。その際、ナラ・セ、副議長マス・アミダ、及びジェダイ将軍シャアク・ティも同席した。シャアク・ティもカミーノに駐在していたが、コルサントへナラ・セと同行したのである。最高議長はファイブスと二人で話すためにナラ・セ達を退出させたが、彼女達はブラスターが発射される音を聞き、すぐさま部屋に戻ることになった。彼女達が部屋に戻って見たのはファイブスがブラスター・ライフルを最高議長に向けている所だった。その後、最高議長はチップをナラ・セに返し、彼女はそれをタイラナスに渡した。タイラナスがシス卿であり、分離主義勢力のリーダードゥークー伯爵であることは隠された事実である。[4]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。