「初めて敵地に閉じ込められた時を思い出す。ミンバンの戦いだった。クローン戦争最初の年。分離主義者はB2ドロイドの大隊をナンス平地に降ろし、私たちは第224クローン師団から切り離された」
キエラ・“ガニー”・コーヴァ[出典]

ナンス平原ナンス平地(Nanth flatlands)は湿地惑星ミンバンの地名である。クローン戦争ミンバンの戦いで戦場となった。

歴史

銀河共和国時代、惑星ミンバンのナンス平原にはイアセント率いるミンバニーズの部族が住んでいた。クローン戦争が始まり、ミンバンが独立星系連合による侵略を受けると、イアセントの部族はミンバニーズ解放軍となり、銀河共和国クローン・トルーパーとともに侵略者と戦った。[1] ミンバンの戦いのさなか、連合軍B2スーパー・バトル・ドロイドをナンス平原に降下させ、現地のミンバニーズを第224師団から孤立させた。キエラ・コーヴァは援軍を呼ぶためスカイホッパーに乗り込んだが、平原を半分ほど抜けたところで撃墜されて不時着し、片を失った。[2]

制作の舞台裏

ナンス平原は2018年に発売された設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて言及された。[1] 2020年には正史のビデオ・ゲーム『Star Wars:スコードロン』のストーリー・モードで再び言及された。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。