Fandom


「俺も混ぜてくれ」
―ナンダン・ロティ[出典]

ナンダン・ロティ(Nandan Roty)は人間男性で、カント・バイト警察警官である。34 ABY、ロティはカント・バイト警察本部内の刑務所で同僚たちとカード・ゲームをしていた時に、アストロメク・ドロイドBB-8から攻撃を受けた。BB-8はロティを含む3人の警官を制圧し、犯罪者のDJとともに逃げ去っていった。

経歴

Nandan Roty

BB-8に拘束されたロティ

ナンダン・ロティ[2]人間男性で、ファースト・オーダーレジスタンス戦争を繰り広げた時代に、惑星カントニカカント・バイト警察警官として働いていた。34 ABY、レジスタンスのメンバーであるフィンローズ・ティコカント・バイト警察に逮捕された直後、ロティは警察本部刑務所施設内で、同僚のステフェデン・タルドリーたちが遊んでいたカード・ゲームに途中参加した。その直後、フィンとローズ・ティコを刑務所から救出する手段を模索していたアストロメク・ドロイドBB-8が、ロティと2人の警官を襲撃した。[1]

このBBユニットは3人の警官を制圧することに成功し、彼らの手足を縛り、ロティのグローブを詰め込んだ。そこへ、自力で脱獄してきたばかりの暗号破りDJが姿を現し、BB-8と、手助けを求めて身悶えする警官たちを発見した。その直後、別の警官が現場に姿を現し、アストロメク・ドロイドと犯罪者に降伏を求めた。身動きが取れないロティたちが見守る中、この警官はアストロメク・ドロイドからカントコインの射撃を食らった後、DJのブーツで殴り倒された。その後、BB-8とDJは刑務所から逃亡し、フィンやローズとともにカントニカから去っていった。[1]

個性と特徴

ナンダン・ロティは人間の男性で、肌が白く、は茶だった。[1]

装備

ロティはカント・バイト警察の制服である白と青、黒の衣服を着用し、ベータプラスト製のネック・ガードと黒いヘルメットをつけていた。また彼は電気ショック・スタン・プロッドレルビィk-25ブラスターで武装し、暗号化された長距離コムリンクポリス・グローロッドを携帯していた。[1][3]

制作の舞台裏

アンディ・ナイマン2017年の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』でナンダン・ロティを演じた。役名は"Jail Guard"(看守)としてエンドロールにクレジットされている。[1] キャラクターの名前は同年にスター・ウォーズ:カード・トレーダーで初めて判明した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。