Fandom


ナーグラッチ(Narglatch)は惑星オルトー・プルトニアに原住した獰猛なネコ型クリーチャーである。体は青く、鋭い牙と爪を備えた。ナーグラッチは順応性が高く、さまざまな環境に適応することができた。タルズ種族はナーグラッチを乗用動物として飼い慣らした。

生態と特徴

Thi-Sen narglatch

ナーグラッチに乗るタルズ

ナーグラッチは青い肌のネコ型クリーチャーで、背中にトゲのような毛を生やし、強靭な4本の脚で素早く移動した。彼らはナイフのような牙と爪を備えた危険な捕食動物で[2]、獲物に静かに忍び寄った。ナーグラッチの平均体長は6.0メートルで、順応性が高かったためさまざまな地域で生息した。[3] ナーグラッチは銀河共和国クローン・トルーパーが手こずるほどの脅威だったが[2]、彼らの表皮はブラスター・ビームに弱かったため、一部の文化ではナーグラッチが弱者扱いされていた。ナーグラッチの幼獣はペットとして飼育されることもあったが、成獣になると非常に危険だった。[3]

ナーグラッチのオスとメスが一緒にいるのは交配期だけだった。ナーグラッチのメスはオスよりも獰猛だったが、オスはメスが仕留めた獲物を横取りすることがあった。オルトー・プルトニアタルズ種族はナーグラッチを乗用動物として飼いならした。また、彼らはナーグラッチの肉を食べ、皮を衣服にし、骨は家や道具として活用するなど、この動物を余すところなく利用していた。[4]

歴史

銀河系首都惑星コルサントでは、逃げ出したナーグラッチが人々の脅威となっていた。[3]

クローン戦争期、トランドーシャン狩人ガーナック衛星ワスカー浮遊要塞にナーグラッチの皮を飾っていた。[5] 共和国グランド・アーミーLAAT/iガンシップの中には、機体側面にナーグラッチのイラストが描かれたものがあった。このガンシップはアンバラの戦いに参加した。[6] また、ダグプレイゴは非常におとなしいナーグラッチを飼っていた。このナーグラッチはプレイゴが座長を務めるサーカス団の一員でもあった。また、プレイゴのサーカスに参加することになったウーキージェダイパダワングンジーは、ホンドー・オナカー海賊団のためにショーを行った際、ナーグラッチの仮面をかぶった。[2]

新共和国時代、カンジクラブの首領タス・リーチが所有する“ハットスプリッター”・ブラスター・ライフルにはナーグラッチの牙を用いたバイブロ=スパイクが取り付けられていた。[7]

登場エピソード

Narglatch LAAT

機体にナーグラッチが描かれたガンシップのコンセプト・アート

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。