Fandom


類似した名称の記事はナー(曖昧さ回避)を参照

ナー・カンジ(Nar Kanji)はアウター・リム・テリトリーに属す惑星ジャブロジアン種族母星。かつてハットによって支配されていたが、人間の入植者たちが暴動を起こして領主を倒した。

歴史

新共和国時代のはるか昔、ナー・カンジを支配するハット人間の入植者たちを奴隷として酷使した。ナー・カンジの人間は長いあいだハットに隷属しながら、間に合わせの武器を使う戦闘法を発展させた。ハット・クランのギャング戦争によって惑星が混乱に陥った際、入植者たちは暴動を起こして領主を倒し、自由を手に入れた。彼らはこの時カンジクラブと呼ばれる独自のギャング団を形成した。

新共和国時代にカンジクラブの首領となるタス・リーチもナー・カンジ出身だった。

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。