Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ニクト[1](Nikto)は爬虫類型のヒューマノイド種族。シクラータ星団惑星キンタン出身であり、多くの亜種が存在する、

外見と生態

Nikto NEGAS

カジェインサニクト

ニクト種は、死滅しつつある近隣の恒星ムドウェッシューから降り注ぐ膨大な放射線の影響によって、突然変異で分かれた5つの異なる亜種が存在するという特徴があった。この放射線は突然変異率の速度を加速させ、通常ならば何百万年もかかって変化を遂げるであろう種族の特徴を、わずか数千年のあいだに変化させていた。5つの亜種は故郷である惑星キンタンの異なる地域に居住していた。それぞれの異なる環境において、各亜種がそこに適した発展を遂げたのである。

ニクトのことをよく知らない人のあいだでは、ニクトの亜種の多様性は混乱を招くこととなる。しかし、実際どのニクトにも共通の類似点が存在した。それは、しばしば角やとげで覆われていた革のような皮膚、キンタンの厳しい環境に対応するために、遮蔽物としての保護膜が付いた目である。ニクトの筋組織は複雑な表情を作るには不足しており、“にらみつける”ような目と“無表情さ”のせいで、ニクトは他の種族からその知性をしばしば過小評価されていた。

ニクトの亜種がそれぞれ身体的に別の特徴を持ち、キンタンの別の地域の出身であるため、異なる亜種どうしで相手が別の種のニクトであることを見分けるのは、簡単だった。5つの亜種は遺伝子的に融合していたため、雑種も可能ではあったが、別々の亜種の親から生まれた子は、93パーセントの割合でどちらか一方の親だけの特徴を持って生まれ、雑種となる確立は低かった。

カジェインサニクト

Blue Glass Arrow 詳細はカジェインサニクトを参照
Gondrinupal

カジェインサニクト

もっとも一般的なニクトの亜種が、“赤ニクト”としても知られるカジェインサニクトである。エンドレス・ウェイスト(果てしない荒野)とも呼ばれる惑星キンタンの砂漠地域、ワンスコックで生き延びるために進化を遂げていた。彼らの額は隆起しており、目の周りに8つ、あごに2つの小さな角を持っていた。カジェインサニクトの鼻は皮膚のはためきで動く半透性の膜によって覆われ、隠れていた。これにより、彼らは砂やほこりを吸わずに呼吸することができるようになっていた。さらに、カジェインサニクトは首の両側に対の呼吸膜があり、汚染物質をろ過して蒸発した水蒸気を吸収する仕組みになっていた。彼らはこの膜のおかげで砂漠で暮らしながらも、飲料水の需要を最小限に抑えていたのである。カジェインサニクトが口を平らにする行為は、彼らの笑顔に相当する。

ボックやその他のモーグカイの戦士たちもこの種に属した。

カダッサニクト

JoopiShe

カダッサニクトのジェダイジョーピ・シェ

Blue Glass Arrow 詳細はカダッサニクトを参照

カダッサニクト、別名“緑ニクト”は、キンタンの森林地帯や海岸地帯といった温暖な地域に起源を持つ亜種である。彼らの皮膚は灰緑色のうろこ上になっており、目の周囲には小さな角があった。鼻の形状ははっきりしており、物陰に隠れている生き物を察知することができる、鋭い嗅覚を備えていた。他にも、木登りに役立つ長い爪も特徴的であり、これは戦闘にも使うことができた。

エスラルサニクト

Blue Glass Arrow 詳細はエスラルサニクトを参照

エスラルサニクト、別名“山岳ニクト”は、惑星ニクトの山岳地帯の、さまざまな気候に適応した亜種である。彼らの肌は灰青色である。頬から突き出たヒレが目立つ亜種であり、カジェインサニクトと同様に、口の周囲に膜があった。エスラルサニクトのヒレには震動する短い毛が生えており、聴力を高めたり、体温を調節して厳しい寒さから身を守ることに役立っていた。彼らの伸縮自在の空洞も同じ働きを持っており、さらに首は体内の水分の循環機能を備えていた。また、引っ込んだ短い爪があるのも特徴のひとつである。

グラスサニクト

Blue Glass Arrow 詳細はグラスサニクトを参照

グラスサニクト、別名“青ニクト”は、惑星キンタンのグラスエルタ諸島の生まれであり、生まれついての水夫だった。彼らの肌の色は白か灰色である。カダッサニクトのような目の周りの角があり、エスラルサニクトと同様にヒレを持っていたが、退化してより小さかった。外来生物学者たちは、エスラルサニクトと結婚したカダッサニクトが、グラスサニクトの起源だと信じていた。

ムシェントスニクト

Kelbo

ムシェントスニクトのケルボ

Blue Glass Arrow 詳細はムシェントスニクトを参照

ムシェントスニクト、別名“南ニクト”は、ほかの亜種とは違って角やヒレ、顔面両端の対の呼吸管も持っていなかった。彼らは後頭部に多数の呼吸管を持っており、これらはカジェインサニクトのものより大きかった。ムジェントスニクトの呼吸管は原始的な超音波知覚管の役目を果たしていた。彼らの肌の色は、白か黄色かオレンジだった。

社会と文化

ムドウェッシューのカルト

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル: 第10号』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。