Fandom


ニック・ヘフォ(Nik Hepho)はブリタロー男性で、帝国時代に活動した賞金稼ぎである。彼は銀河帝国によって非合法化された宗教、フォースの教会の信者たちを探し出すことを専門とし、インナー・リム惑星コルサントで獲物を捜索した後、さらなる賞金を求めて衛星ジェダへ旅した。0 BBYジェダ・シティが帝国の超兵器であるデス・スターバトル・ステーションによって破壊される直前、ヘフォはこのに居合わせた。

経歴

ブリタロー男性、ニック・ヘフォは賞金稼ぎとして生計を立て、銀河帝国が禁じていた宗教“フォースの教会”の信者を探し出すことを専門にしていた。帝国時代、ヘフォはインナー・リムである程度の名声を築き上げ、首都惑星コルサントの下層でも教会の信徒を捜索した。やがてここにはもう獲物が居ないと判断したヘフォは、闇市場で手に入れた帝国保安局作成による信徒と疑わしき人物のリストを携え、砂漠ジェダへ旅した。[1]

ジェダ滞在中、ヘフォは宇宙船アポステイト>をドロイド頭脳の管理に任せて軌道に待機させておき、バックパックの長距離トランスミッターで連絡を取り合っていた。0 BBY[1]反乱同盟キャシアン・アンドー大尉ジン・アーソジェダ・シティにやってきた時、ヘフォは[2]ウィルズの信徒”のメンバーであるシルヴァニー・フェスト[1] たちのそばを通り過ぎた。それからしばらくして、ジェダ・シティは帝国が開発した超兵器デス・スタースーパーレーザー砲で破壊されてしまった。[2]

個性と特徴

ニック・ヘフォは滑らかない肌を持つブリタロー種族の男性で、は緑色、は無かった。[1]

装備

ジェダに滞在していたとき、彼は灰色のシャツと茶色のパンツの上に黄色のコートを羽織り、金属製のヘッドピースを耳につけ、空冷用の覆いがついたブラステック・インダストリーズ社A310ライフルを装備していた。また、彼のバックパックにはスターシップ<アポステイト>と連絡を取ることができる長距離トランスミッターが搭載されていた。[1]

制作の舞台裏

Nik Hepho Rogue One

ジェダ・シティにて、ニック・ヘフォ (背景中央)

ニック・ヘフォは2016年12月16日公開の映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。キャラクターの名は、映画と同日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ ローグ・ワン アルティメット・ビジュアル・ガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)ではじめて明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。