Fandom


ニュー・プリンプト[1](New Plympto)はノーサウリアンたちが住んでいた、コア・ワールド領域の温暖な地殻惑星である。この惑星は10,019 BBYコレリアンによって発見されたが、少なくとも25,000 BBYからジェダイ・オーダーもこの惑星との接触を持っており、原住民たちを新しいオーダー加入者候補にしていた。この惑星は、ポッドレーサーパイロットクレッグ・ホールドファストの出身地でもある。首都はフェミス

歴史

Fighting on New Plympto

クローン戦争後に起こった戦い

クローン戦争より前に、ニュー・プリンプトはノーサウリアンの主要輸出物リクニット・エッグの産地として、銀河共和国に招き入れられていた。しかし、共和国は銀河元老院への代表者選出を認めず、やがては疎外感が拡大していってしまう。それから間もなく、リクニット・エッグの市場は消滅してしまい、ニュー・プリンプトはすべての意義と目的を失い、商業的な関心を失うことになる。

クローン戦争の勃発に伴い、独立星系連合はニュー・プリンプトにリクニット・エッグの市場を復活させ、惑星の経済を再建することを約束し、惑星を彼らの活動へと誘った。ジェダイ・マスターダス・ジェニアクローン・トルーパーの軍隊を率いてニュー・プリンプトへと攻め入り、ノーサウリアンの抵抗勢力との戦いを繰り広げた。しかし、クローン・トルーパーがオーダー66の指令を受け取った後、ジェニアはノーサウリアンと手を結ぶことになった。首都フェミスから400kmの古い森の一区画、ヘイジアル・チェイスとそれを取り囲む林地がノーサウリアンの抵抗勢力のシェルターとなっていた。

クローン戦争後、ニュー・プリンプトは仕方なく銀河帝国の惑星に加わることになった。レジスタンス勢力は、帝国という新しいノーサウリアンの支配者によって、迅速かつたやすく鎮圧されてしまった。帝国の総督はカーステン・ムーンの施設からニュー・プリンプトを統治した。カーステン・ムーンの施設では科学者が捕まえた数少ないリクニットからジ・リクニットと呼ばれるドラッグを作り上げようと実験を指揮していた。しかし、彼らの出した最善の結果とは、害のある副作用をもたらす、劣化版の麻薬物だった。

この惑星は、帝国が敗北し新共和国が誕生するまで、帝国の支配下にあった。

Exactor

19 BBY、ニュー・プリンプト上空のイグザクターVウイング

ユージャン・ヴォングがこの惑星の支配権を握る前、惑星の地表に生き残っていた人口は1500万人ほどだった。ユージャン・ヴォングが攻撃を仕掛けた時、ヌマ・ラーのもとでレジスタンス組織が形成された。ユージャン・ヴォングは激しい抵抗に苦しめられ、ニュー・プリンプトに生物兵器を使用し、惑星上の700万の生命を殺した。こうしてニュー・プリンプトは居住不可能な惑星になってしまった。

この戦争の後、バラブIアイソアのような戦争で破壊されたそのほかの惑星とともに、ニュー・プリンプトも戦争を偲ばせる記録だと宣言された。

登場エピソード

  • Star Wars: Republic: Into the Unknown (初登場)
  • Star Wars Dark Times シリーズ
  • 復活 (言及のみ)
  • 猟獣 (言及のみ)
  • 陥落 (言及のみ)
  • 迷走 (言及のみ)
  • 統合 (言及のみ)

参考資料

New Plympto NEGAS

ニュー・プリンプト

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。