Fandom


《これで終わりだと思うな!》
―ニーゴ・ルーラン[出典]

ニーゴ・ルーラン(Nhego Roolan)はアクアリッシュ男性で、銀河内戦の時代に活動した犯罪者。ヤヴィンの戦いの後、銀河帝国反乱同盟サポンザギャング団と対立した。ルーランはアラン・ジャールの過去に関わりがあり、彼の娘であるケイダ・ジャールを味方につけようとした。[1][2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。