Fandom


ニードルゴープ(Needlegawp)はを持つスケールフィン・フィッシュである。うろこの色は銀色や、まだらがかった緑と黄色など、複数のバリエーションがあった。このクリーチャーは惑星コレリア[1] オク=トーなどに棲息していた。[2] コレリアのコロネット・シティでは、漁師たちがニードルゴープをはじめとする魚を捕まえ、魚市場で販売していた。[1] またオク=トーでもラナイの捕獲対象になっていた。34 ABYゴミ漁りレイジェダイの村ブラスターを暴発させた時、ラナイのケアテイカーたちは村の物干し台にニードルゴープを吊るしていた。[2]

制作の舞台裏

ニードルゴープは2017年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』で初登場した。[2] ニードルゴープのプロップは、2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で再利用され[3]、同作の設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて種族名が紹介された。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。