Fandom


ヌミディアン・プライム(Numidian Prime)は銀河系ミッド・リムに属す[1] ジャングル惑星である。温暖な熱帯雨林が広がる楽園のような星で、多額の借金から逃れたがっている密輸業者泥棒たちの安息の地でもあった。[3] 惑星サヴァリーンで発生した戦闘の後、ハン・ソロチューバッカはヌミディアン・プライムでランド・カルリジアンサバックの勝負を挑み、賭けに勝って<ミレニアム・ファルコン>を手に入れた。[2]

制作の舞台裏

ヌミディアン・プライムは2018年5月25日公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のラストシーンに登場する惑星である。ヌミディアン・プライムという地名自体は、映画公開日と同日に発売された設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で紹介されていたが、それがラストシーンに登場した惑星の名前であることは同年9月4日発売の小説版『ハン・ソロ』で明らかになった。

『オフィシャルガイド』ではヌミディアン・プライムの場所がミッド・リムとなっているが、公式データバンクではアウター・リム・テリトリーと紹介されている。また『オフィシャルガイド』の翻訳版ではヌミディアンニュミディアンの表記が混在している。

登場エピソード

SWSolo-NumidianPrime

ヌミディアン・プライムを離れる<ミレニアム・ファルコン>

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。