Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「分離主義同盟に属する心優しき友人たちの支えと協力のもと、私は生命の創造に挑んでいるのだ!」
―ヌーヴォ・ヴィンディ[出典]

クローン戦争中、フォースト科学者であるドクターヌーヴォ・ヴィンディ惑星ナブーにある研究所ブルー・シャドウ・ウイルスの研究を行った。

特徴

ドクターヌーヴォ・ヴィンディの研究所は、惑星ナブー東部湿地帯、座標SP1-2-7の地下に存在した。複数の部屋からなる巨大な施設で、地上には侵入者を警戒する監視カメラが設置されており、B1バトル・ドロイドB2スーパー・バトル・ドロイドドロイデカの部隊が配備されていた。ドクター・ヴィンディはこの秘密研究所でブルー・シャドー・ウイルスの研究を行い、ウイルス拡散用の爆弾を製造した。忠実なLEPサーヴァント・ドロイドがヴィンディの研究所のアシスタントを務めた。また、研究所にはシーシピード級輸送シャトル1機収容できるハンガー・ベイがあった。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。