Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「彼はネクサス・ルートと呼ばれる秘密のハイパーレーンの座標を持っている。共和国と分離主義者双方の故郷をダイレクトに結ぶルートだ」
プロ・クーン[出典]

ネクサス・ルート(Nexus Route)は銀河共和国独立星系連合の中枢部を直接結ぶハイパースペース・ルートである。その座標情報は一般には知られていなかった。

歴史

ネクサス・ルートの座標を半分ずつ知るアソーカ・タノとウィルハフ・ターキン

ネクサス・ルートは銀河共和国独立星系連合の故郷を直接繋いでおり、その座標情報は戦略的価値が非常に高かった。20 BBYジェダイ最高評議会のメンバーであるマスターイーヴン・ピールがネクサス・ルートの座標を発見したが、その後すぐに分離主義者に捕まり、ローラ・サユーシタデル刑務所に収監された。しかし敵の捕虜になることを予期していたピールは、たとえ拷問に屈しても情報が漏れないようあらかじめネクサス・ルートの座標情報を分割し、ウィルハフ・ターキン艦長と2人でそれぞれ半分ずつ記憶した。ピールは分離主義者の拷問にも口を割らず、最終的にジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーのチームによって独房から救出される。[1] しかし彼はその後の戦いで致命傷を負い、死の間際にルートの座標をパダワンアソーカ・タノに教え、評議会以外には絶対に口外しないよう指示した。タノとターキンは無事にコルサントへ帰還したが、ターキンは最高議長シーヴ・パルパティーンにのみ座標を伝えるよう指示されていたため、残りの半分の情報をジェダイに渡すことを拒否した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement