Fandom


「命令に従い、自分の頭で考えようとしない兵士百名のほうが、指揮官よりも自分のほうが優秀だと考える銀河一のパイロットひとりよりもずっといいのだが」
ハン・ソロ候補生について、ネティック・ホエイン[出典]

ネティック・ホエイン(Nettic Whain)は惑星カリダに配属されていた銀河帝国将校である。階級は大尉10 BBY頃、ホエインはカリダ・アカデミーのスタッフを務めていた。

経歴

「新たな罰点、週末休暇の取り消し、不服従三件。今週だけでこれだ。このソロという新兵がまだアカデミーにいる理由を正確に説明してくれるか? もっと従順な新兵ですら、もっと些細な原因で放校してきたというのに」
「飛行機録のせいです。やつはあらゆる面で役立たずですが、いったん船に乗れば別です。反応の速さと創造的な問題解決能力という点において、あれほど優れた者ははじめて見ました」
―ネティック・ホエインとトライオサ・ブルーグ軍曹[出典]

帝国時代、ネティック・ホエイン大尉惑星カリダにある帝国宇宙軍の飛行アカデミーに勤務していた。10 BBY頃、ホエインはハン・ソロという名の士官候補生に目をつけ、この問題児が退校処分になっていない理由を部下のトライオサ・ブルーグ軍曹に尋ねた。ブルーグはソロが多くの点で無能であることを認めつつも、パイロットとしての腕前や“創造的な問題解決能力”に関しては群を抜いていると答えた。ホエインがソロのファイルに目を通し、“兵士1名(2名の可能性あり)の死の責を負う”という記述について説明を求めると、ブルーグはソロの曲芸飛行についていこうとした他の候補性が墜落したことを明かした。ホエインはソロの飛行特権を一週間剥奪するよう命じ、もし改善がみられないようなら、不服従な兵士にふさわしい場所に送るようブルーグに指示した。[1]

制作の舞台裏

ネティック・ホエイン大尉は2019年に発売された『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の小説版ムア・ラファティ著)で初登場を果たした。

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。