Fandom


ノーソア・ライ(Nossor Ri)はクローン戦争中に惑星モン・カラに住んでいたクオレン男性クオレン孤立主義同盟の指導者で、独立星系連合司令官リフ・タムソンにそそのかされ、モン・カラマリ種族との間に内戦を引き起こした。しかしライはタムソンがモン・カラの住民全体を支配しようと企んでいることを知って分離主義勢力を裏切り、モン・カラマリのリー=チャー王子と共にタムソンを倒した。戦いが終わった後、ライはリー=チャーを新しい国王として受け入れた。

経歴

分離主義者の傀儡

NossorRi-SWE

ノーソア・ライ

ノーソア・ライはもともとモン・カラマリ種族ヨス・コリーナと親しく、惑星モン・カラに住む2種族の共存を受け入れていた。しかしコリーナが何者かによって暗殺されると、ライはリー=チャー王子による王位継承に反対し、クオレン孤立主義同盟を率いて内乱の危機をもたらした。クオレン種族を後押しする独立星系連合は、カーカロドンリフ・タムソン司令官をオブザーバーとしてモン・カラに派遣し、ライを援助した。モン・カラの住民は知らなかったが、タムソンこそコリーナ王を暗殺した張本人だった。連合を率いるドゥークー伯爵とタムソンは、種族間の対立を煽ることでモン・カラの全住民を支配下に置こうと企んでいたのである。ライはまんまと分離主義者の思惑にはまり、モン・カラ・シティで開かれた議会でクオレンの独立を宣言した。

クオレンの戦士たちは分離主義勢力ドロイド軍アクア・ドロイドと共にモン・カラ・シティへ侵攻し、モン・カラマリ・ガード戦闘を繰り広げた。モン・カラマリ軍はしばらく苦戦を強いられたが、ジェダイ・マスターキット・フィストーパダワンアソーカ・タノ率いる銀河共和国の援軍が到着し、クオレンは一時退却した。ノーソア・ライはアクア・ドロイドが役に立たないことに不満を漏らしたが、タムソン司令官は故郷カーカリスから秘密兵器ハイドロイド・メデューサを持ち込み、その性能に太鼓判を押した。ライは次の攻撃をタムソンに一任し、クオレン戦士に対する出撃命令を無視した。ハイドロイド・メデューサは敵を散り散りにしたが、タムソンはライの態度に苛立ち、次また命令に従わなかった時は殺すと脅迫した。

リー=チャー捜索

最初の戦いに勝利した後、クオレン軍はモン・カラ・シティを占領し、モン・カラマリの捕虜を奴隷収容所に入れた。ノーソア・ライは女子供まで奴隷にする必要はないと考えていたが、ドゥークー伯爵直々の命令とあって、服従せざるを得なかった。また、ライは逃亡中のリー=チャー王子はもはや脅威ではないと主張したが、ドゥークーは敵の希望を完全に絶つため、何としても王子を捕まえるようタムソンに命じた。その後、モン・カラマリと共和国軍はグンガンの助けを借りて一時的な優勢に転じたが、タムソンはトライデント級アサルト・シップを使って戦場に大渦巻きをつくり、ジェダイを含めて敵の大部分を捕虜にした。また、タムソンは分離主義勢力によるモン・カラ支配に備え、ライに無断でカーカロドンの戦士をモン・カラに招集した。

LeeCharCrowned-Prisoners

リー=チャーの王位継承式に参加したライ

リー=チャーがドロイドに捕らえられたという報せが届くと、タムソンはライに陰謀の全容を明かし、モン・カラの支配者になるのは自分だと宣言した。ライは逆らうことができず黙ってタムソンの支配を受け入れたが、囚われの身になったリー=チャー王子に説得され、裏切りを決意した。タムソンがリー=チャーを公開処刑しようとした時、ライは部下たちに命じてモン・カラマリの捕虜を解放し、自ら王子を救い出した。クオレンとモン・カラマリは圧制者を追い出すため力を合わせて戦い、タムソンはリー=チャーとの決闘に敗れて命を落とした。その後、ライはリー=チャーの王位継承を認め、クオレンとモン・カラマリの共存が再び実現した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。