Fandom


ハイネスティアン・スター・クルーザー(Hynestian Star Cruiser)はファースト・オーダーレジスタンス戦争を繰り広げた時代に使用されたスターシップである。35 ABY、このスター・クルーザー人民の艦隊の一員としてエクセゴルの戦いに参加した。

特徴

惑星ハイネスティア出身の人間の民族、ハイネスティアンの名前を冠した[5] このスター・クルーザー[1]、大型の前部セクションと小型の後部セクションを持ち、船尾および中央付近に計8つのエンジン(大型のもの2基、小型のもの6基)を備えていた。またハイネスティアン・スター・クルーザーはハイパードライブと2基のハンガーを備えていた。[3]

歴史

ファースト・オーダー=レジスタンス戦争終盤の35 ABY、元反乱同盟および新共和国将軍ランド・カルリジアンが行った呼びかけに応え、多数のハイネスティアン・スター・クルーザーがエクセゴルの戦いに参加した。シス・エターナルと戦うレジスタンスに加勢し、ファイナル・オーダー銀河系を支配するのを阻止すべく、このスター・クルーザーを含む大艦隊未知領域惑星エクセゴルに駆けつけ、シス艦隊と交戦した。ハイネスティアン・スター・クルーザーは復活した銀河皇帝シーヴ・パルパティーンが放ったフォース・ライトニングの電撃で一時的に制御を失ったが、間もなくこのシス卿レイによって倒された。[2]

制作の舞台裏

Hynestian Star Cruisers

『スカイウォーカーの夜明け』に登場したハイネスティアン・スター・クルーザー

ハイネスティアン・スター・クルーザーは2019年に公開されたシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。エクセゴルの戦いに参加した無数のスターシップのうちの一種であり[2]2020年StarWarsKids.com YouTube チャンネルで公開された動画で初めて名称が紹介された。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。