Wookieepedia
Advertisement
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「これらの貿易ルートは物資を輸送するうえで欠かせません。アウター・リムから、遥かなコア・ワールドにまで繋がっています」
プロトコル・ドロイドの教師[出典]

サラスト銀河系の端を繋ぐハイパースペース・ルート、サンクチュアリ・パイプライン

ハイパースペース・ルート(Hyperspace route)、あるいはハイパースペース・レーン(Hyperspace lane)、ハイパーレーン(Hyperlane)、貿易ルート(Trade route)、スペースレーン(Spacelane)、ラン(Run)とは、ハイパースペースを利用した航路である。開拓済みのハイパースペース・ルートはまるで大都市を結ぶ道路のように主要な惑星を結んでいた。またハイパースペース・ルートは宇宙船リアルスペース上に存在する天体と衝突する恐れの無い安全な移動手段と見なされていた。

概要

銀河系社会の往来のほとんどは、多数の貿易ルートに集中していた。これらのルートは、大部分の危険を回避して航行ができるように、探検家たちが苦労して開拓したものである。ルート沿いに位置する惑星は経済的にも政治的にも恩恵を受け、こうした重要な航路における地位と評判を利用して、銀河系の情勢に多大な影響力を与えた。一方で貿易ルートは、望ましくない注目を集める厄介な要因ともなった。特に、力を持つ中央政府が関心を示さない領域では、合法的な企業や違法なシンジケートがスペースレーンの支配権を握ろうと争いを繰り広げていた。[1]

主要な航路

銀河系で戦争を繰り広げるには、重要なハイパースペース・レーンや貿易ルートへのアクセスが必要不可欠だった。そしてハイパースペース・ルート上に位置する惑星は、しばしば戦略的要衝となった。たとえばクローン戦争分離主義勢力ウーキー故郷である惑星キャッシーク占領しようとしたのは、単に銀河共和国から支援惑星を奪うためだけでなく、この星が重要なハイパースペースのチェックポイントに存在するためである。同様に、銀河帝国は惑星コレリアを厳重に管理していたが、それはこの星にある造船所のためだけでなく、アウター・リム・テリトリーへと通じる航路コレリアン・トレード・スパイン上に位置していたからである。[2]

銀河系の主要なハイパースペース・ルートは以下の通り:

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement