「テクノロジーはすばらしいものだ。広大な銀河に点在する惑星を結びつけ、人間からウーキー、イウォーク、ハットまで、異なる知的生命体を結びつける。ハイパードライブがなければ、銀河帝国も、反乱同盟軍も、アウター・リムも、ファースト・オーダーも存在しえなかった。銀河にはただ星々のきらめく広大な宇宙空間しかなかっただろう」
―『銀河探索者のガイド』より[出典]

SSP05ハイパードライブ

ハイパードライブ(Hyperdrive)はスターシップを超光速へ移行させ、ハイパースペースと呼ばれる別次元へ突入させる推進システムである。ハイパースペースを利用して渡航するとリアルスペース上の膨大な距離を短時間で移動することができた。そのためハイパードライブは銀河系の社会、交易、戦争に欠かせない重要なテクノロジーだった。

ハイパードライブは超物質(ハイパーマター)粒子を作り出し、その質量とエネルギーを維持したままスターシップをハイパースペースに放り込むことができた。ハイパードライブ・モチベーターと呼ばれる部品が重要な役割を果たし、パワー・コアから動力を供給する必要があった。ハイパードライブによって別次元に飛び込んだ宇宙船はあらかじめプログラムされたコースを航行し、目的地でリアルスペースへ離脱した。リアルスペースに存在する巨大な物体がハイパースペースへ“マス・シャドウ”(質量の影)を落とすため、ハイパードライブを起動する際には入念な計算をして衝突を回避する必要があった。

スターファイターのような短距離用の宇宙船はハイパードライブが搭載されていないことが多かった。銀河帝国TIEファイターは大型の母艦で戦場へ運ばれ、亜光速エンジンで移動できる範囲で戦った。しかし反乱同盟Xウイング・スターファイターAウイング・インターセプターにはハイパードライブが搭載されており、長距離のジャンプやそれを想定した作戦の遂行が可能だった。

等級

ハイパードライブの性能はクラスと呼ばれる等級で表現され、数字が小さいほど高性能である。[1]

以下、ハイパードライブ等級の例を挙げる:

製造企業

歴史

ナブーの侵略のさなか、パドメ・アミダラ女王ナブー・ロイヤル・スターシップは、トレード・フェデレーションによる惑星封鎖を突破した際にハイパードライブ発生装置を破損した。彼女たちはハイパードライブを修理するために砂漠惑星タトゥイーンに立ち寄り、新品のT-14ハイパードライブ発生装置を調達した。[8]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。