Fandom


ハクシオン・ブルード(Haxion Brood)はアウター・リム・テリトリーで活動した犯罪シンジケートである。リーダーは犯罪王ソルク・トルモオルド・エリスと呼ばれる小惑星を拠点とし、ギャンブル奴隷売買、そして中でもドロイドの密売といった犯罪行為に手を染めていた。ドロイド・パーツの取引に関与していたため、ハクシオン・ブルード配下の賞金稼ぎ賞金ドロイドの多くが、盗品のドロイド・パーツを使って自身をサイボーグ強化していた。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。