Fandom


「ここに来た以上、お前の身柄とその見事なセーバーは、吾輩…グラッカス・ザ・ハットのものだ」
グラッカス・ジャヒバクティ・ティンギ[出典]

ハッタ・タウン(Hutta Town)は“密輸業者ナー・シャッダの地名である。銀河内戦の初期、この街はハット犯罪王グラッカス・ジャヒバクティ・ティンギの支配下にあった。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。