Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「陛下をそんなところへお連れすることはできません。ハットは悪党です」
クァーシュ・パナカ[出典]

ハット(Hutt)は惑星ナル・ハッタ出身のナメクジのような姿をした巨体の知覚種族銀河的なギャングとして有名で、ハット大評議会が犯罪シンジケートのハット・クランを取り仕切っていた。有名なハットの犯罪王のひとり、ジャバ・デシリジク・ティウレは、惑星タトゥイーンで犯罪帝国を統治していた。

生態と特徴

社会と文化

ハットは古来より銀河系の裏社会の大部分を牛耳る支配者として知られた。ハットは優れた腕力を持っていたため恐るべき戦士になることもできたが、より巧妙なやり方で力を使うことを好んだ。彼らは金で雇った傭兵奴隷を身の回りに置き、違法なビジネスを取り仕切ることで富を築いたのである。彼らはアウター・リム・テリトリーの広大な領域を支配していたが、その影響力はハット・スペースと呼ばれる故郷の領域より外側にも広がっていた。何千という星々の犯罪事業は、突き詰めていけば(人々がその事実を知ろうが知るまいが)ハット・クランによって支配されていたのである。[9]

ハットは近隣の星々を数多く征服し、ウィークウェイクラトゥイニアンニクトヴォドランジルルアンサキヤンガンクといった他種族を奴隷や家臣にしていた。[9]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。