Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ハット・スペース[1](Hutt Space)は、ミッド・リムアウター・リム・テリトリーの境界線上、ワイルド・スペースの入り口付近に位置した銀河系の自治領域である。シクラータ星団を擁するハット・スペースは、タイオン・ヘゲモニーと隣接していた。ハット・スペースは、領域を統治していた種族ハットにちなんで名づけられていた。ハット・スペースに属す惑星数の見積もりは報告によって異なったが、居住惑星の数が数百から一千の範囲内というのが妥当な推定だった。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。