Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

ハマ・エラッド(Hamma Elad)は銀河共和国独立星系連合クローン戦争を繰り広げた時代に、共和国保護委員会の主要メンバーとして活動した女性アーティストである。プロパンダ活動での活躍を認められ、危機における功績に対するパルパティーン議長賞を3度も受賞していた。彼女は惑星カミーノで生活して共和国グランド・アーミークローン・トルーパーについて学んだ経験があり、クローンの人道的側面を推しだすため『白い青年たちに応援を』というポスターを制作した。戦争中、彼女は分離主義者の攻撃で命を落とした。[1]

制作の舞台裏

ハマ・エラッドは2016年に発売された設定資料集『スター・ウォーズ プロパガンダ:銀河系における扇動絵画の歴史』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて紹介された。[1]

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement