Fandom


ハリー・バトーニ(Halle Burtoni)はカミーノアン女性で、クローン戦争期に銀河共和国惑星カミーノを代表する元老院議員を務めた政治家である。カミーノが共和国のクローン・トルーパーを製造しているおかげで銀河元老院に議席を手に入れることができたバトーニは、共和国グランド・アーミークローン兵士増産と軍事費増額を元老院に強く働きかけた。戦争が続くにつれ、更なるクローン・トルーパー生産の必要性が高まると、バトーニはナブーパドメ・アミダラ議員やローディアオナコンダ・ファー議員をはじめとするロイヤリスト・コミッティーのメンバーら、平和主義者の政敵と議論を戦わせた。

銀河元老院でクローン戦争の継続について話し合われたとき、バトーニ議員は軍事費拡大のためインターギャラクティック銀行グループへの規制を撤廃する法案を声高に支持した。また、バトーニは銀行への規制撤廃に乗じて自ら軍事増強のための法案を提出した。その後、バトーニはロイヤリスト・コミッティーから提案された軍事費削減法案に対する反対運動の先頭に立つ。議論のさなか、ファー議員が何者かによって暗殺されると、最も疑わしい容疑者としてバトーニの名前が上がったが、最終的にファーの補佐官を務めるロロ・パースが真犯人だったことが明らかとなった。その後、元老院は軍事費削減法案を却下し、バトーニが提案した兵士増員案を承認する。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。