Fandom


類似した名称の記事はハロンを参照

ハロン(Hallon)は惑星コレリア出身の人間男性で、犯罪集団ホワイト・ワームズに所属した幼いスクラムラットである。彼はギャング団のために泥棒として働き、小柄な体を駆使して他の泥棒では行けない場所にまで入り込んだ。13 BBY、ハロンはハンがレディプロキシマのもとから逃げ出した時に、ホワイト・ワームズのアジトに居合わせた。

経歴

人間男性、ハロンは惑星コレリアの出身で、コロネット・シティに拠点を置くギャングホワイト・ワームズに所属するスクラムラットの1人だった。幼いハロンは泥棒としてこの犯罪集団に貢献し、年長の泥棒では行けない狭い場所にも、小さな体を駆使して入り込むことができた。[1]

13 BBY、スクラムラットのハンが仕事に失敗してレディプロキシマのもとへ引き立てられた時、ハロンもホワイト・ワームズのアジトに居合わせた。ハンはを投げてアジトの窓を破壊し、光に弱いプロキシマが苦しんでいるすきに他のスクラムラットの間をかき分けてキーラとともに逃げ出した。[2]

個性と特徴

ハロンは幼いコレリアンの人間の男性で、は茶は緑だった。ハロンはアジトから一匹の害虫も逃がすなと命じられていたが、命令を無視して害虫が逃げ出すのを見て見ぬふりをしていた。13 BBY当時、ハロンはで汚れた茶色のシャツを着込み、拡大レンズ付きの作業用ゴーグルをつけていた。[1]

制作の舞台裏

ハロンは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するモブキャラクターの1人である。映画の設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて名前が明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。