Blue-exclamation-mark.png

この記事のタイトルはニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

公式設定で正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

類似した名称の記事はハヴォックを参照

「何があったの?なぜこんなことを?」
「分かりません。銃声を聞きまして」
アソーカ・タノとハヴォック[出典]

ハヴォック(Havoc)は共和国グランド・アーミータンゴ中隊に所属したクローン・トルーパーのニックネーム。クローン戦争中、ペルタ級フリゲートTB-73艦内でジオノージアンブレイン・ワームに寄生された。

経歴

パダワンにライトセーバーを向けられるハヴォックとトラップ

第二次ジオノーシスの戦いの直後、ハヴォックはタンゴ中隊のほかの隊員とともにオード・セスタス医療ステーションへ向かう銀河共和国医療補給船TB-73に乗り込んだ。この船にはジェダイ指揮官であるパダワンアソーカ・タノバリス・オフィーも乗船していた。TB-73のクローンジオノージアンブレイン・ワームによってマインド・コントロールされており、ハヴォックもその犠牲者のひとりだった。洗脳されたオックスエッジがタノとオフィーを襲撃した直後、ハヴォックは中隊長トラップとともにジェダイのいる食堂へ駆けつけた。2人はブラスターを床に置いて自分たちの潔白を主張し、パダワンの信用を得た。トラップとジェダイが宇宙船のブリッジへ向かう間、ハヴォックは食堂でオックスとエッジを見張ることになる。その後、食堂から出たハヴォックは、サイスやエッジとともにまだ洗脳されていない最後のクローン・トルーパーを取り押さえ、ブレイン・ワームを寄生させた。その後ハヴォックたちはジェダイと戦ったが、タノが船の冷却システムを作動したため、寒さに弱いブレイン・ワームの支配から解き放たれた。

装備

ハヴォックはDC-15Aブラスター・ライフルDC-15Aブラスター・カービンを携帯していた。彼は青いマーキングのフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを装着し、肩のプレートや腹部にはトラを模したシンボルマークが入っていた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。