Fandom


この記事はマンダロリアンを扱っています。お探しの記事はハーク・セフかもしれません。
「総督、こういってはなんですが、帝国があの兵器を我々に対しても使うという恐れもあるのでは?」
「忠誠心に疑問を抱くな、キャプテン。今はサビーヌ・レンを探せ」
―キャプテン・ハークとタイバー・サクソン[出典]

ハーク(Hark)はインペリアル・スーパー・コマンドーキャプテンとして銀河帝国に仕えた男性マンダロリアンである。彼は帝国時代に発生したレン氏族クライズ家との内戦で帝国支持派のマンダロリアン部隊を指揮したが、マンダロアの支配者であるタイバー・サクソン総督の方針にたびたび異を唱えた。[2]

経歴

囚人移送

「反逆者が思った以上に善戦している。状況は、キャプテン?」
「戦闘を避けてルートを変えましたが遅れはありません、サクソン総督」
―タイバー・サクソンとハーク[出典]
Hark received orders from Saxon HoM1

タイバー・サクソンから指示を受けるハーク

帝国時代、ハークは[2] 銀河帝国に忠実なマンダロリアン戦士の集団[3]インペリアル・スーパー・コマンドーに仕え、キャプテンを務めていた。[3] サクソン氏族によって率いられたスーパー・コマンドーは、帝国と手を結んで惑星マンダロアを統治していたが、指導者ガー・サクソン総督2 BBYレン氏族との戦いに破れ、命を落とした。[4] ガーの弟、タイバー・サクソンが新しい総督となったが、マンダロアではインペリアル・スーパー・コマンドーと反帝国勢力とのあいだに内戦が勃発した。1 BBY、タイバー・サクソンに仕えるキャプテン・ハークは、捕虜アルリック・レン首都サンダーリまで護送する任務を総督から任された。[2]

アルリックはレン氏族の指導者アーサ・レン女伯爵の夫で、サビーヌトリスタン・レンの父親であり、サクソン総督は彼をサンダーリで公開処刑しようとしていた。同時に、サクソンは帝国のために開発された新兵器アーク・パルス・ジェネレーターをさらに改良するため、本来の設計者であるサビーヌを生け捕りにしたいと考えており、マンダロア刑務所基地にアルリックがいるという情報を流し、レン氏族を待ち伏せした。ハーク率いる帝国軍兵員輸送機の護送車チームはこの戦闘を避けるためにルートを変更したが、スケジュールに遅れを出すことなく首都を目指した。

総督の野望

「やめてください、総督。やり過ぎです。この兵器を反乱者に使うのは理解できますが、彼女が改良を施せば、帝国がこれをあらゆるマンダロリアンに対して使うのを防ぐ手立てはなくなります」
―ハーク[出典]

個性と特徴

「救出作戦は失敗に終わったな。あと1時間足らずで首都に着く」
―ハーク[出典]

制作の舞台裏

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。