FANDOM


ハーク・セフ(Harc Seff)は4 ABY当時、惑星タトゥイーンにある犯罪王ジャバ・ザ・ハット宮殿を訪れていたイシ・ティブである。プリンセスレイア・オーガナが宮殿を訪れた日、セフは他の観衆とともにマックス・レボ・バンドによる音楽の演奏を見守った。賞金稼ぎブーシに変装したレイアがウーキーチューバッカを宮殿に連れてきたときも、セフはその場に居合わせた。

歴史

Max Rebo Band applause

バンドに拍手を送るセフ (左から2番目)

4 ABY当時[2]イシ・ティブ種族のハーク・セフ[1]砂漠惑星タトゥイーンにある犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレ宮殿を訪れていた。宮殿に滞在していたとき、セフはジャバの謁見の間で行われた[3] マックス・レボ・バンドによる『ジェダイ・ロック[4] の演奏を見守り、音楽が終わると拍手を送った。その後ジャバの要請で再び演奏が始まったが、このハットの犯罪王は音楽の途中でトワイレックの踊り子ウーラに激怒し、彼女を[3] パティーサという名の[5] ランコアがいる地下室へ落とした。そのためバンドの演奏は中断し、謁見の間にいた人々はウーラの最期を見守るため覗き穴に集まった。[3]

バンドの演奏の後、賞金稼ぎブーシに変装したプリンセスレイア・オーガナウーキーチューバッカを連れてジャバの宮殿にやってきた。レイアがチューバッカを生け捕りにした報酬の金額をジャバと話し合ったとき、セフは賞金稼ぎボバ・フェットや踊り子リスタール・サントリン・ミーらの前に立ち、事の流れを見守った。レイアが賞金の増額を求めてサーマル・デトネーターを起動すると謁見の間は一時騒然となったが、ジャバが要求に応じたため、彼女もデトネーターのスイッチを切った。それからしばらくして、レイアとその仲間たちはカークーンの大穴でジャバを殺害した。[3]

個性と特徴

ハーク・セフはイシ・ティブ種族で、肌は緑は黄色だった。また、セフはジャバの宮殿を訪れていたときに白いシャツと青いチュニックを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

Harc Seff dancers

特別編の追加撮影のセットにて、ハーク・セフとリスタール・サントリン・ミー

ハーク・セフは1997年に公開された『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の特別編に登場するキャラクターである。このキャラクターを演じたエキストラの名前はクレジットされていない。1998年デサイファー社から発売されたスター・ウォーズのカード・ゲームで始めて名前が紹介された。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。