Fandom


ハーマイオニー・バグワ(Hermione Bagwa)は人間女性で、デクスター・ジェットスターが経営するデックス・ダイナーウェイトレス。バグワが働いていたコルサントの食堂は、さまざまな職業や種族の客で賑わっていた。

経歴

銀河共和国末期、人間女性ハーマイオニー・バグワは惑星コルサントココ・タウンに建てられた食堂、デックス・ダイナーでウェイトレスを務めていた。彼女はここでベサリスクの店主デクスター・ジェットスターWA-7ウェイトレス・ドロイドFLOと一緒に働き、スピーダーのドライバーやメンテナンス技術者、大使、元老院議員の補佐官、そして時にはジェダイ・ナイトなど、雑多な客層を相手に給仕していた。

ジオノーシスの戦いの直前、ジェダイオビ=ワン・ケノービが友人のジェットスターに会うためデックス・ダイナーを訪れた時も、バグワはFLOと共に店内で働いていた。

個性と特徴

ハーマイオニー・バグワは人間の女性で、身長は1.57メートルだった。彼女の髪はブロンドで、目は青く、肌は白かった。ウェイトレスとして働いていた時、バグワは水色の服を身に着けていた。

制作の舞台裏

ハーマイオニー・バグワは2002年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』に登場したキャラクターである。スージー・ポーターがバグワを演じた。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。