Fandom


バスコル・イースリム(Baskol Yeesrim)は惑星マラステア出身のグランで、銀河共和国時代末期の元老院議員である。ナブーの侵略が発生した当時、グラン保護国の代表者を務めていた。

経歴

銀河共和国時代の後期、惑星マラステア出身のバスコル・イースリム元老院議員は共和国銀河元老院グラン保護国の代表者を務めていた。[1] イースリムはマラステア議会を代表するアクス・モー議員たちと同じ代表団に属していた。[2]

32 BBY[3]ナブー危機が発生した際、イースリムやモー議員はコルサント銀河元老院会議場で開かれた議会に参加した。[2] パドメ・アミダラ女王が惑星ナブーの窮状を訴えた際、イースリムはトレード・フェデレーションを代表するロット・ドッド議員の側に立ち、アミダラの主張を確認するため調査委員会を設置すべきという主張を支持した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。