Fandom


バスタサ(Bastatha)はインナー・リムバスタサ星系に属す惑星である。

特徴

バスタサは赤色巨星が照りつけていたため地上は居住に適さず、とどまることが出来るのは熱に強いバクテリアと頑丈な採鉱ドロイドだけだった。そのためバスタサの居住区は地下や巨大な岩に囲まれたトンネルの中に設けられていた。[1]

歴史

バスタサは銀河内戦終盤に設立された新共和国政府に加盟せず、独立を貫いた。バスタサは犯罪組織の温床になり、カジェインサニクト犯罪王リンリヴィン・ダイもこの星にカルテルの拠点を置いていた。28 ABYライロスイェンダー大使がカルテルによる被害を新共和国元老院に報告し、レイア・オーガナランソム・カスタルフォ元老院議員がバスタサの調査任務に赴いた。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。