バダ・チャ(Bhada Cha)は人間男性で、銀河帝国の最初期に活動した賞金稼ぎである。妻のラマット、娘のチャナスも共に賞金稼ぎであり、家族で仕事を行っていた。

歴史

ヴェイダーを待ち伏せするチャ一家

19 BBY銀河帝国設立されて間もない頃、バダとラマットチャナス・チャコロニーズ領域のカバリアジェダイの生存者がいるという情報をハンター・ネットで手に入れた。彼らはジェダイを捕まえて賞金を手に入れるためカバリアのバーで待ち伏せし、そこに現れたシス卿ダース・ヴェイダーをジェダイと勘違いして攻撃した。賞金稼ぎ一家はイオン・グレネード個人用エネルギー・シールドを駆使して戦ったが、フォースを使うヴェイダーには敵わず、最終的に今回の標的を諦めてバーから逃げ出した。[1]

しかしヴェイダーはチャ一家をスピーダー・バイクで追跡し、チャナスを人質にとった。バダとラマットは娘を見逃してもらうためヴェイダーと交渉し、ハンター・ネットの情報提供者の身元を特定する手伝いをすると申し出た。ヴェイダーが交渉に応じると、バダとラマットは1人でこの場から逃げるようチャナスに命じ、ハンター・ネットをハッキングして手に入れた情報をヴェイダーに教えた。のちにヴェイダーは、今回の事件の首謀者が帝国軍バロッキ大佐であることを突き止めた。[1]

制作の舞台裏

バダ・チャは2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)に登場するキャラクターである。ヴェイダーと交渉して娘だけ見逃してもらった後の、バダとラマットの最期はコミックでは描写されていない。

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。