Fandom


<バッド・キティ>(Bad Kitty)はクローン戦争中に分離主義勢力との戦いで使用された共和国グランド・アーミーLAAT/iガンシップである。<バッド・キティ>の機体側面には爆弾に乗ったネクスーノーズ・アートが描かれており、オーラベッシュのアルファベットで機名が書き込まれていた。21 BBY、<バッド・キティ>は第二次ジオノーシスの戦いに参加し、銀河共和国クローン・トルーパー惑星ジオノーシスの地表へと運んだ。しかし、ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービ第212突撃大隊の兵士たちを乗せた<バッド・キティ>は分離主義勢力の激しい対空砲火にさらされ、予定地点よりも手前で砂漠に墜落する。乗組員のうち生存者はケノービとトラッパーだけで、2人はワックサーボイルによって<バッド・キティ>の残骸の中から救い出された。

登場エピソード

参考資料

Bad Kitty noseart

ノーズ・アート

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。