Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Battledroids BF

クローン戦争で使用されたトレード・フェデレーションB1バトル・ドロイドB2スーパー・バトル・ドロイドドロイデカ

バトル・ドロイド[1](Battle droid)はウォー・ドロイド(War droid)、キラー・ドロイド(Killer droid)としても知られ、戦闘のために設計されたドロイドを指す。

バトル・ドロイドには多くの種類が存在した。バトル・ドロイドの歴史は銀河共和国よりもさらに何千年もさかのぼり、ラカタンガーディアン・ドロイドジム・ザ・デスポが使用したガーディアン・コープスなどが初期のものとして知られる。

よく知られているバトル・ドロイドの多くは、クローン戦争独立星系連合が使用していたドロイドである。

クローン戦争の終わりに、シス卿ダース・ヴェイダーはドロイドの制御信号を切り、分離主義者ドロイド軍団の活動を停止させた。これ以降、バトル・ドロイドは珍しい存在になる。

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。