FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

バンドミーア[1](Bandomeer)はブラクサント・ラン上に位置したアウター・リム・テリトリー惑星。惑星の荒野には数多くの捕食動物が潜んでいたことに加え、バンドミーアにはイオナイトがとても集中していたことで知られていた。惑星の表面はバンドミーアのグレート・シーと巨大な大陸によって大体半分に分けられていた。

歴史

バンドミーアは45 BBYまでオフワールド採鉱社によって支配されていた鉱山の惑星であった。だが、この惑星の外層の中に多くの価値ある鉱石が眠っていることを発見されるまで、バンドミーアはゆるやかな起伏の平原を持つ農業の惑星だったのである。鉱石の発見のあと採掘活動が開始され、オフワールド社はバンドミーアの支配権を握り、惑星を露天掘り鉱山と産業廃棄物へと変えていったのである。また、この惑星はミーリアン族の故郷である。ミーリアンたちは自分たちの住む惑星の自然の美しさを、採鉱のために犠牲にする同意に関して苦汁を飲んだ。バンドミーア周辺の小惑星にも鉱石の鉱床が豊富にあったが、小惑星の破片が惑星に衝突する危険性があったため、これらは採鉱することができなかった。

Battle of Bandomeer

バンドミーアの戦い

オビ=ワン・ケノービクワイ=ガン・ジンはバンドミーアを訪れたさい、ザナトスの手によって惑星が破壊されるのをかろうじて防いだ。

19 BBY、バンドミーアのイオナイトの鉱山労働者は、新しく誕生した銀河帝国との契約を結ぶことを拒否した。新しい政府に失礼な振る舞いをしたらどうなるかを教えるため、銀河皇帝パルパティーンは自身の弟子ダース・ヴェイダーに、地元の反抗勢力に対処するよう命令を出す。帝国地上軍は速やかに軽武装の鉱山労働者たちを制圧し、惑星の支配権を握ったのだった。

タトゥイーンの農民、ハフ・ダークライターは、地下の水栽培ガーデンのスタッフとして、セイリーチタナブといった惑星の者たちと共にバンドミーアからも農民を雇い入れていた。ユージャン・ヴォング戦争で銀河系が侵略されたとき、バンドミーアは別銀河からの侵略者ユージャン・ヴォングによって征服されている。

この戦争のあと、バンドミーアはおそらく銀河連合自由同盟と再統合したようである。

登場エピソード

  • Darth Bane: Dynasty of Evil (言及のみ)
  • Jedi Apprentice: The Rising Force (初登場)
  • Jedi Apprentice: The Dark Rival
  • Jedi Apprentice: The Hidden Past
  • 偽りの仮面
  • Star Wars Dark Times 13: Blue Harvest, Part 1
  • Star Wars Dark Times 14: Blue Harvest, Part 2
  • Star Wars Dark Times 15: Blue Harvest, Part 3
  • Gal-icon スター・ウォーズ ギャラクシーズ (言及のみ)
  • WizardsoftheCoast Nightsaber - Wizards.com (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。