Fandom


「早いとこ引き揚げよう。すごく寒い」
「2秒も経ってないだろ」
「2秒でも長すぎる」
エズラ・ブリッジャーガラゼブ・オレリオス[出典]

バーリン(Bahryn)はアウター・リム・テリトリー惑星ジオノーシス軌道を周回した15の衛星のうちの1つ。乾燥した気候のジオノーシスとは正反対で、バーリンは極寒の月だった。バーリンの気候を生き抜くことができるのは、この月の固有種族ボンザミのように極寒地域に適応した生き物だけだった。

歴史

ヤヴィンの戦いの3前、惑星ジオノーシス上空の帝国建造モジュール銀河帝国反乱者戦いが発生した。戦闘中、帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラスと反乱者ガラゼブ・オレリオスは同じ脱出ポッドに乗ってステーションを離れ、エンジンのトラブルでジオノーシスではなくバーリンに不時着した。ポッドは月の表面の氷を突き破り、氷の洞窟内に墜落した。カラスとオレリオスは極寒の月で生き延びるために一時休戦し、ポッドに積まれていたパワー・ジェネレーターで体を温め、トランスポンダーを修理した。間もなく寒さでジェネレーターの電池が切れると、オレリオスは熱を持つ隕石の破片を拾ってカラスに与えた。

その後、カラスとオレリオスは1匹のボンザミに襲われた。ボー=ライフルでボンザミを撃退した後、2人は獣が再び戻ってくる前に地表に出るため、力を合わせることになった。オレリオスは脚を骨折したカラスを背負い、氷の柱を登って地表を目指した。途中、数匹のボンザミが2人に襲い掛かったが、先に地表に出たカラスがボー=ライフルでオレリオスの危機を救った。その後、2人はトランスポンダーを起動して一夜を明かす。翌朝、反乱者たちの<ゴースト>がバーリンに駆け付けると、オレリオスはカラスに別れを告げて去っていった。その後、カラスも帝国軍によって救出された。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。