Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「おれはパイロットになる。銀河一のな」
ハン[出典]
Winners of the Falcon

ミレニアム・ファルコン>の操縦席に座る若き日のハン・ソロ船長と、その副操縦士チューバッカ

パイロット(Pilot)は、乗り物に直接乗り込んで操縦を行う人物、職業。しばしばスターパイロット(Starpilot)やフライボーイ(Flyboy)とも呼ばれた。小型スターシップの場合、パイロットはナビゲーションやセンサー、通信、火器など、乗り物のあらゆる機能を全てひとりで操作しなければならないことがあった。大型の船の場合、一部の作業を担当する別の乗組員が搭乗することもあった。パイロットという言葉は、宇宙船以外にも空中や水中の乗り物の操縦者に対しても使用された。

概要

「自由が欲しければ、難しい決断も必要よ。私は家族と離れ、空を飛ぶことを選んだ。飛ぶことで困っている人たちを助ける道を選んだの。でも、根っこにあるのはただ飛んでいたいって事なのよ。だって自分の周りで爆発が続いたって、最悪の事態に陥ったって、空にいれば最高なんだもの」
ヘラ・シンドゥーラ[出典]

パイロットはスターシップ等の乗り物の操縦士を指す言葉であり、操縦士が複数いる乗り物の場合、指揮官を務める者が船長(キャプテン)と呼ばれ、副操縦士(コパイロット)や一等航海士[1]二等航海士[2]航法士といった部下たちが船長を補佐した。[1] スターファイター等の小型ビークルの場合、パイロットが操縦や通信、センサー機器の操作、銃撃などさまざま作業を1人で担うこともあったが、N-1スターファイターデルタ7およびイータ2インターセプターXウイングおよびYウイング・スターファイターのようにアストロメク・ソケットを持つ戦闘機の場合、パイロットの補佐役であるアストロメク・ドロイドを1体搭乗させることができた。[1][3][4][5] アストロメク・ドロイドはメカニックや副操縦士としての役割を果たし、必要に応じて、正規のパイロットの代わりに機体を操縦することもできた。[5] またBTL-B YウイングT-47エアスピーダーTIE/sf制宙戦闘機といった機体の場合、砲撃を専門とする砲手が1名機体に乗り込み、操縦を専門とするパイロットに代わって攻撃を行った。[6][7][8]

主な軍隊のパイロット

Biggs reprise 07

レッド中隊反乱軍パイロットたち

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。