FANDOM


「メルシ、パオ、ベイズ、チアルート――きみたちは本隊を率いて東に行き、船から離れてくれ。こことタワーの間に位置をとり、最適な場所に着いたら、そこで派手にぶっぱなしてくれ。10人を100人に見せるんだ」
キャシアン・アンドー[出典]

パオドックドラバタカット・サプデレクティ・ニクリンケティ・キヴェフニクネセヴェフリケック(Paodok'Draba'Takat Sap'De'Rekti Nik'Linke'Ti' Ki'Vef'Nik'NeSevef'Li'Kek)、通称パオ(Pao)は男性ドラバタンの戦士で、共和国再建のための同盟特殊部隊に仕えたコマンドーである。階級は伍長銀河帝国の存在さえなければエンジニアになるはずだったパオは、故郷パイパダを蹂躙した帝国に深い恨みを持っていた。彼は熟練した戦闘技術を備え、爆発物取り扱いの訓練を受け、両生類種族であるため中での爆破任務を得意としていた。初期反乱運動のさなか、パオはフォーロストにおける爆破作戦に参加した。0 BBY当時、パオは衛星ヤヴィン4グレート・テンプル基地に配属されており、他の特殊部隊隊員たちとともに“ローグ・ワン分隊の一員としてデス・スター設計図の強奪作戦に志願した。

パオとローグ・ワンのメンバーは同盟軍最高司令部の決定を無視してヤヴィン4から出発し、設計図の保管庫がある惑星スカリフに潜り込んだ。パオはスカリフの戦いルースコット・メルシ軍曹チアルート・イムウェベイズ・マルバスらとともにローグ・ワン本隊の指揮を執り、ジン・アーソキャシアン・アンドー大尉セキュリティ・ドロイドK-2SOたちがシタデル・タワーの保管庫に潜入するあいだ、陽動のためスカリフ駐屯部隊ストームトルーパーショアトルーパーと銃撃戦を繰り広げた。反乱同盟はローグ・ワンのおかげでデス・スター設計図を入手することができたが、パオたち戦闘員はこの歴史的任務で命を落とした。その後、同盟軍は設計図を解析してバトル・ステーションの弱点を突き止め、ヤヴィンの戦いでデス・スターを破壊することに成功した。

制作の舞台裏

パオは2016年12月16日に公開されたギャレス・エドワーズ監督による映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。演者はデレク・アーノルドとアニマトロニクス表情パフォーマーのフィル・ウッドファインで、パトリック・コマーフォードも演技を手伝った。2016年5月17日に出版社 Edelweiss のカタログで『Rogue One: A Star Wars Story: The Official Visual Story Guide』が紹介された際、このキャラクターの存在が初めて判明した。しかしこの書籍はのちに発売中止となった。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。