Wookieepedia
Advertisement

「あの少年はあんたの息子か?」
「いや、パダワンだ。生徒と弟子の中間的なものと言ったらいいかな」
アナキン・スカイウォーカーについて、グレッカーオビ=ワン・ケノービ[出典]

パダワン(Padawan)、あるいはパダワン見習い(Padawan learner)、ジェダイ・アプレンティス(Jedi apprentice)とは、特定のジェダイ・ナイトもしくはマスターの弟子としてジェダイ修行を積む、ジェダイ・オーダーに所属するフォース感応者である。ジェダイ・オーダーに加わった幼児たちは、まずジェダイ・イニシエイトとして訓練を積み、イニシエイト・トライアルに合格して実力を証明した後、晴れてパダワンに選ばれた。基本的に師匠になるジェダイが自分の新しいパダワンを選ぶことになっていたが、クローン戦争期にはジェダイ最高評議会がパダワンの割り当てを行うこともあった。パダワンはそれぞれのナイトもしくはマスターに師事して一対一の指導を受け、しばしば共に任務に赴いた。パダワンはジェダイ・トライアルに合格することでナイトの位を授与され、一人前のジェダイとして認められた。

クローン戦争中、パダワンは戦闘訓練を積み、共和国グランド・アーミージェダイ・コマンダーとしてクローン・トルーパーの指揮を執った。しかし戦争終結時にシーヴ・パルパティーン最高議長によってオーダー66が発令されると、ジェダイ・オーダーのメンバーは国家の敵と見做され、若いパダワンも容赦なくジェダイ・テンプル銀河系各地の戦場で虐殺された。ケイレブ・デュームフェレン・バーといった一部のパダワンはオーダー66を生き延びたが、帝国時代銀河帝国シス尋問官の標的となった。また粛清を生き延びたマスター・オビ=ワン・ケノービヨーダは、ルーク・スカイウォーカーという名の若者を新世代のジェダイとして訓練した。のちにスカイウォーカーはオーダーの復興を試みたが、彼の弟子の大半はフォースのダークサイドに転向した弟子ベン・ソロに殺されてしまった。のちの時代、ジャクー出身のゴミ漁りレイがスカイウォーカーやレイア・オーガナの弟子としてジェダイの修行を開始した。

概要

「では、わたしがこの子を鍛えます。アナキンをわたしのパダワン見習いにします」
「すでに弟子がおるだろう、クワイ=ガン。2人目をとることはできん」
「掟で禁じられている」
クワイ=ガン・ジンヨーダメイス・ウィンドゥ[出典]

パダワンのベアドン・ジェイスとその師カト・キイン

パダワンとは、ジェダイ・オーダーの一員として特定の師匠(ジェダイ・ナイトもしくはジェダイ・マスター)に師事し、一人前のジェダイになるための訓練を積むフォース感応者である。[3] パダワンの前にもジェダイ・イニシエイトと呼ばれる段階があり、ジェダイの道を歩むものは、まずイニシエイト・クランの一員として仲間たちと一緒にジェダイの教えを受ける必要があった。[4] 特定の年齢に達した者はイニシエイト・トライアルを受け、実力を証明することで誰かのパダワンに選び出された。[5] 一般的に、イニシエイトは10代半ばでパダワンに昇格し、マスターとペアを組んで直接の指導を受けた。[6]

ジェダイ・ナイトやマスターは、訓練したいパダワンを自分で選ぶことになっていた。[7] イニシエイト・トライアルの会場にはマスターたちも集まり、試験が終わったタイミングで、それぞれがパダワンに選んだ合格者が発表された。落第者はさらにもう1イニシエイトのクランで修業を積むよう言い渡されるケースがあた。[5] 中にはあえてパダワンを取らない選択をするジェダイもいたが、オーダーの未来を担う次世代の育成はジェダイの責任の一部だと考えられていた。[2] また、弟子を取ることはジェダイ・ナイトの最大の名誉だとみなされており、こうして訓練と教育の輪が永遠に続いていく仕組みになっていた。パダワンはマスターと一緒に実際の任務に参加し、さまざまな経験を通して銀河系全般の知識を深めた。[6] 師匠が一度に複数のパダワンをとることはジェダイ・コードで禁じられていた。[1] パダワンは身分を表すしるしとして三つ編みを結い、髪のがない種族の場合はシルカ・ビーズなどの装飾品で代用することがあった。[8]

10年ほどの修業期間を終えたパダワンはジェダイ・トライアルと呼ばれる試練に臨んだ。トライアルの内容は各パダワンによって大きく異なるが、それぞれの持つ盲点や弱点に的を絞った内容となっていた。トライアルに合格し、ジェダイ最高評議会から許可を受けたパダワンは、ジェダイ・ナイトの仲間入りを果たした。[6] その際、ライトセーバーを使ってパダワンの三つ編みを切り落とす儀式が行われることがあった。[9]

歴史

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement