Fandom


パック・ネイコ(Puck Naeco)は人間男性で、銀河内戦期に共和国再建のための同盟に仕えたスターファイターパイロットである。[3] 0 BBY当時、ネイコはグリーン中隊に所属し、コールサイングリーン12”を担当していたが、荒っぽい着地で足を骨折してしまったためスカリフの戦いには参加できなかった。そのためスカリフでは<プロファンディティ>から派遣された交代要員であるワイオン・ディレムズが代わりにグリーン中隊に参加した。[4] 同じ年、衛星ヤヴィン4ベース・ワンに配属されていたネイコはガーヴェン・ドレイス率いるレッド中隊に“レッド12”として参加し、T-65B Xウイング・スターファイターに乗り込んでヤヴィンの戦いに出撃した。[3] 銀河帝国超兵器デス・スターバトル・ステーションに攻撃を仕掛けた際、ネイコはシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーが操縦するTIEアドバンストx1によって撃墜され、命を落とした。[2] ヤヴィンの戦いの時点で、ネイコの総合飛行時間は5,879時間、撃墜確認数11機、称号はダブル・エースだった。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。