Fandom


パティタイト・パトゥーナ(Patitite Pattuna)は銀河系ミッド・リムに属す惑星である。惑星バルナブの近くにあり、パティタイトと呼ばれる非常に小柄な知覚種族母星だった。

特徴

PatititePattunaLandscape-ND

惑星の地表

惑星パティタイト・パトゥーナは銀河系ミッド・リムに位置し、近くには惑星バルナブがあった。[1] 地表はフェルーシアレイドニアに似た豊かな植物相によって完全に覆われており、紫色の景観が広がっていた。この惑星の湿地にはパティタイトと呼ばれる非常に小柄な知覚種族が住んでいた。[2]

歴史

銀河共和国時代の末期、パティタイト・パトゥーナは専制的なヘイ=ズーによって支配されていた。クローン戦争中の20 BBY、パティタイト・パトゥーナの上空で銀河共和国独立星系連合戦いが発生した際、C-3POR2-D2の乗るBTL-B Yウイング・スターファイターが地表に墜落した。2体のドロイドは原住民のパティタイトに捕まり、ヘイ=ズーの前に引き立てられる。ドロイドはすぐにこの惑星から立ち去るよう命じられたが、ひょんな事故でヘイ=ズーを殺してしまい、結果的にパティタイトを専制君主から解放した。C-3POは彼らに民主主義の概念を教え、自分たちの力で新しい指導者を選ぶよう助言した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。