FANDOM


パティーサ(Pateesa)はハット犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレが所有したランコアの名前である。“パティーサ”はハッティーズ語で“友人”を意味する。このランコアはもともと、メジャードモビブ・フォーチュナがジャバの誕生日に贈ったプレゼントだった。パティーサは調教師のマラキリギランによって、砂漠惑星タトゥイーンにある宮殿で大切に飼育された。彼ら2人はジャバの動物の中でもパティーサをことさら可愛がっていた。パティーサの巣穴は宮殿の謁見室の真下にあり、ジャバは自分の機嫌を損ねた相手を仕掛け穴に落とし、ペットの餌にしていた。パティーサは獲物の抵抗でけがをすることもあったが、マラキリが傷を手当てしてくれた。パティーサもまた、タスケン・レイダーに襲われたマラキリの命を救ったことがあった。

4 ABY、パティーサはジャバの不興を買ったトワイレックの踊り子、ウーラを食い殺した。その直後、ジャバはハン・ソロを救うため宮殿にやって来たジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカーをランコアの巣穴に落とす。パティーサは巻き添えとなって穴に落ちたガモーリアンの衛兵を餌食にしたが、スカイウォーカーは床に転がっていた骨を使って抵抗し、最後には巣穴のドアを怪物の頭に落として退治した。マラキリとギランは最愛のペットのを悲しんで男泣きし、怒ったジャバはスカイウォーカーをカークーンの大穴で処刑することに決めた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。